money_nouzei_man

私の勤め先は確定拠出年金(DC)を採用しているのですがさらに自分の給料から天引きされるマッチング拠出も行っています。

マッチング拠出はiDeCoのように全額所得控除の対象となります。

「所得控除もあるしマッチング拠出はやらなきゃ損だろ」とか思っていましたが退職金の額が退職所得控除を大きく超えるようになるとマッチング拠出もそこまでお得ではないなと思うようになってきました。

例えば
会社拠出    2万円
マッチング拠出 2万円
利回り(年複利)  5%
勤続年数    40年
退職金     1,000万
とした場合、DCは退職時に約5,956万円、さらに退職金1,000万円を合わせて退職金の合計は6,956万円となります。

ここから退職所得控除2,200万円を引いたりなんだりして手取り額を出すと約6,032万円となります。

約924万円が税金で持っていかれるわけですね。

運用益が非課税とはいえ所得税や住民税が結構でかいのです。

ではマッチング拠出をせずにその分の金額を特定口座で運用した場合はどうなるか検証してみます。

まずマッチング拠出なしでDCの2万円を上記条件で運用した場合、2,978万円となり退職金1,000万円を合わせて退職金の合計は3,978万円となります。

ここから所得税、住民税を引くと手取り額は3,745万円となりました。

次にマッチング拠出分の2万円を特定口座で20年間運用…と考えましたがマッチング拠出の場合は全額所得控除となるのでざっくり年間4.8万円の税制優遇があるとします。(年収によって変わるので平均年収くらいで計算しています)

この場合の正味の拠出額は毎月1.6万円となるので積み立てもこの金額で行うこととします。

40年間では積み立て額768万円、含み益は1,614万円、評価額は2,382万円となります。

税引き後は2,059万円です。

退職金手取り額を足すと5,804万円となりました。

マッチング拠出時は6,032万円でしたので228万円マッチング拠出時が有利となりましたが巷で言われてるほどDCが有利って感じでもないですね。

マッチング拠出では全額60歳まで資金拘束されることを考えるとそこそこの額を自由に使える特定口座での積み立ての方が有利だと感じる人もいるかと思います。

さて、DCやiDeCo以外にもつみたてNISAという有名な非課税制度があります。

つみたてNISAは20年間非課税で運用可能なので初年度から20年経過後ロールオーバー、2年目からまた20年、と計算していこうかなとも思ったのですが2024年からの新NISAにより恒久化が実現されるため全期間非課税で運用として検証してみたいと思います。

つまり
会社拠出    2万円
つみたてNISA→新NISA    1.6万円
利回り(年複利)  5%
勤続年数    40年
退職金     1,000万円
という条件です。

この場合、退職金手取り額は3,745万円、つみたてNISA評価額は2,382万円、合わせると6,127万円となりました。

・マッチング拠出なし、つみたてNISAで積み立て
6,127万円

・マッチング拠出のみ
6,032万円

・マッチング拠出なし、特定口座で積み立て
5,804万円


こうやって並べてみるとやっぱりDCやiDeCoが運用益非課税で所得控除ありでもそこまで有利という感じはしないですね。

退職金の額や確定給付企業年金の有無、勤続年数、所得控除の額など人によって大きく変わるので退職金が退職所得控除を大きく超えそうならiDeCoやマッチング拠出はせずにNISAや配偶者のiDeCoを使う方に優先し、それでも余力があるならiDeCoやマッチング拠出を行うなど色々考えてみても面白いかもしれません。

確定拠出年金はリバランス時に売却しても税金がかからないのでとりあえず枠を大きくしておいて資産全体のリバランス用に使うと割り切るのも面白そうです。

マッチング拠出やiDeCoの所得控除分を元から無いものとして積み立てるとかお財布次第で本当に色々な戦略が取れます。


こうやって見てみると若いうちから少額でも積み立てしておくことの威力を感じますね。

老後2,000万とか3,000万問題も20代から月に1万円、2万円積み立てておくだけでほとんど解決するのではと思います。

若いうちは貯蓄より経験とは言いますが結局老後にいくらかの資産を残したいと考えたら若いうちに有り金全部使って40代、50代から急に頑張るより長い時間をかけて少額を積み立てしたほうが遥かに負担が少なそうですし精神的にも楽なのは間違いないでしょう。

自分はインデックスファンドを購入する際、新興国は外すようにしています。

最初は「インデックス買うならならオルカンで良いや」とオルカンを買ってた時期もあり特に売却もせず放置してるのでポートフォリオ全体で見るとわずかながら新興国株も保有している状況ですが、途中からS&P500またはMSCI コクサイに連動するインデックスファンドを購入するようにしています。

個人的にはS&P500だけで良いと思っていますが確定拠出年金のからみでMSCI コクサイ(日本を除く先進国)をベンチマークとしたファンドも購入しています。

日経平均も非常に少額ながら積み立てしています。

個別株は日本株を売買することがあるのでさらに日本株インデックスも積み立てる必要はないかなと思ったのですが日本人として日本の成長に期待する部分もあるので気持ち分だけ買ってる感じです。

なぜ先進国ばかりかというと単純に新興国のマーケットを信用していないからです。(え)

株式市場からインデックス投資によって利益を得るためには健全なマーケットが必要なのですが新興国はまだまだ発展途上のためいま買う理由は特にないと考えています。

信用ならない国といえば中国やロシアがその筆頭なんですけど彼の国に健全なマーケットがあるとはとても思えないですし、他の新興国も多かれ少なかれ似たような感じなのかなと思います。(MSCI コクサイには香港も含まれていますが…)

ロシアはウクライナへの侵攻によりMSCI エマージングからMSCI フロンティアへと格下げされオルカンや新興国株式インデックスから除外となってしまいました。

元々オールカントリー(MSCI ACWI)には新興国株が12%しか含まれておらずロシアに至っては0.2%くらいしか含まれてなかったようなので特にロシアが転けたからどうなるとかは無いのですが、中国や台湾比率が高いのはちょっと気になりますね。

1970f6c525cb6747f92d6357325c082b


ここ最近ではインドやブラジルなど株価指数の上昇率が高い国もありますが10年くらいのリターンで見るとMSCI コクサイにボロ負けしてます。

BRICsがもてはやされた時期もありましたがうまいことロシアを選択肢から外してインドや中国だけを買えたとしてもリターンはそれほど高くはありません。

Screenshot_20221030-222616


株価が上がる国をピンポイントで当てにいくのは極めて難しいというかそれができるなら最初からインデックス買って放置なんてまどろっこしい戦略なんか取りませんよね。

さらにピンポイントでうまいことインドやブラジルに投資をできたとしてそこに資産の何%を突っ込むことができるのかを考えるとせいぜい数%程度でしょうからそれらの国の株式から大きなリターンを得るのは(少なくとも自分には)非常に難しいと感じます。

リターンを押し下げるには十分な信託報酬の高さもネックとなります。

オルカンを買ってないと新興国の成長を取り逃すよって話は結構多く見かけますがMSCI コクサイとMSCI ACWIでは比較的長期で見てもMSCI コクサイが高いリターンを出しています。

MSCI エマージング(EM)とMSCI コクサイでは比較する期間によってどちらのリターンが上かはマチマチですがそれならあえてエマージングを選択する理由は特にないのかなと思うわけです。

68930_ext_15_12
(https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=68930?pno=3&site=nli)

ちなみにMSCI WorldはMSCI コクサイに日本を加えたものですね。

もちろんこれから先、新興国株式がめちゃくちゃ強くなる可能性もありますがそうなったらそうなったで先進国株式の勢いも上がるはずです。

効率的市場仮説とかCAPMを考えるとオルカンのような大きな市場を丸ごと保有するのが正しいのは間違いないと思いますが、新興国の市場はまだまだ未成熟である(と感じる)のでしばらくの間は先進国株式のみの購入を進める予定です。

まあこの辺は宗教みたいなものでどっちの宗派が正しいとかは特にありませんから各々が買いたいものを買えば良いですね。

10年後か20年後にでも新興国を外すという選択がどういう結果をもたらしたのか答え合わせができればと思います。

20230210_231237

GPIFが2022年度第3四半期の運用実績を公表していました。

残念ながら今年度はまだマイナスですが運用開始以来では3.38%/年のリターンを出しているので非常に優秀です。

GPIFの過去のポートフォリオは株式比率が20%程度とかなり守りに入った運用だったのですが徐々に株式比率を上げていき、現在は50%程度となっています。

タラレバですが運用当初から株式比率が50%程度あったのであれば6%程度のリターンは出せたのではと思います。

6%を多く感じるのか少なく感じるのかは人それぞれですがポートフォリオの半分を債券にしてそれだけの利回りになるならかなり魅力的ではないでしょうか。

暴落時に怯えることもありませんし…

とかなんとか色々考えてみると個人投資家はGPIFみたいな運用で十分なのかなと感じてしまいます。


個人で運用する場合は債券や株式を組み合わせるよりキャッシュと低コストの広く分散されたインデックスファンドで十分と言われていますがGPIFのように国内株式25%、海外株式25%、国内債券25%、海外債券25%くらいで年に数回程度リバランスするくらいなら難しくないでしょう。

iFree年金バランスという投信ではGPIFの基本ポートフォリオに近づけた運用を行うようなのでGPIFの真似をするだけならこれを買って放置が一番楽で確実そうです。

日本のサラリーマンは強力な解雇規制によりクビになりにくいため自分自身が安定してお金を稼げる債券的な性質があると言われています。

であれば入金でカバーできそうな範囲で株式比率をGPIFより高めるのもありかもしれません。

今は入金分で個別株や債券等を買おうという気にはならず株式インデックスを買うばかりですが将来的には債券等も組み込んで増やすより減らさないを意識するターンが来るのだと思います。

横断的に市場を見ていけばお宝が落ちているかもしれませんし色々な資産の動向は軽くでもチェックし続けたいなと思います。




↑このページのトップヘ